仕事の話

残り3ヶ月となった協力隊の派遣期間。
残り何が出来るか、何がしたいかを考えるようになった。

ETTE(配属先)の自分が所属する部署も、一人一人と辞めていきついに、正社員がいなくなってしまった。 と言っても、もともと小さな部署だったし、会社自体は大きいので仕事はたまにある。でもたまにしかないのも事実。
そこで、3月下旬から配属先から要望があり、グラフィックデザインの授業を始めた。

c0170212_8365281.jpg


生徒、というかみんな各部署のヘッドのおじさん達だけだが、いままで2ヶ月半、予想以上に参加者は一生懸命に授業に来てくれて、順調に行っていると思う。ただ、なかなか教えた事を一度や二度、三度、四度くらいで覚えてくれないのだが、お互い根をあげずに頑張っている。
今週は2週間前に参加者にだしたアサイメントの発表にあてた。
まだまだというレベルだが、確かに2ヶ月前よりもちゃんとしたものが作れるようになっていたのは間違いなく、参加者達も自分の上達に満足していた様子だ。
しかし協力隊の多くの人がそうであるように、言葉がお互い100%通じればな と思う。
こうやって自分が複数の人に何かを教えるというのは初めての仕事であり、教えるのが苦手な自分だし、年上のおじさん達相手だが、言葉を選びながら話したり、態度をコントロールしたりと、教える難しさと楽しさを同時に感じている。
一番難しいのは、あたらしいものを造り出すクリエイティビティーだ。 これは日本でも、どこのプロのデザイナーでも一番難しい事である。エチオピア、または途上国では、"コピー"という概念が浸透しすぎており、新しい物を造り出すということの大切さや必要性が欠けていて、そこがなかなか上達しない。 でもそこは自分もデザイナーとして、いつも考え続けているところであり、ここは絶対に理解してもらいたいと思っている。

このデザインの授業は、帰国前まで続ける。 今、ようやく基本操作が出来るようになっただけだが、あと3ヶ月で、プロとしてのデザイナーはどういうものなのかというコンセプトを理解だけでもしてもらい、彼等が他の職員にそれを伝えられるようになればと思う。


仕事とは別の話しだが、JICAエチオピア ボランティアのための機関誌が完成した。
表紙と裏表紙
c0170212_8581732.jpg


自分と他の二人のボランティアで4月に制作を開始し、たくさんの方々から原稿や写真を集め、編集してきた冊子がついに完成し製本され、今週からエチオピアのボランティア達に配り始めている。この機関誌は各国のJICA事務所や日本の訓練所等に配送される予定である。

中のページ
c0170212_8591440.jpg

c0170212_8594259.jpg


時間や予算のため、本に収めたいことを全て収める事はできなかったが、いろいろな人の協力により、大変よいものになったと思う。エチオピオボランティアでは2年に一度しか発行されない機関誌だが、このような貴重な機会に恵まれて、ボランティアの皆の想いを形にできたことはとても嬉しかった。
[PR]
by hoop29 | 2011-06-16 04:34 | ETHIOPIA