<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0170212_1552239.jpg

東京に帰ってきてからもう一ヶ月がたってしまった。
まず、青年海外協力隊の面接がすぐあって、それからはお金もないのでいままで以上にバスケしたり、ついでにレーシックで視力をあげてみたりしてた。

マレーシアでの4週間は言葉や文章にできないくらい色々なこと、人に出会いこのブログでは語り尽くせないが、その一部分でもとおもい記録したいと思う。
4週間の内、半分以上はエル(大学の友達)の家にホームステイみたいな感じでお世話になった。エルのお母さんにもシカゴにいた頃に何度かあって、ご飯をごちそうになったりした事があった。
とにかくエルとエルの家族の親切であたたかいもてなしがなければ、この旅も全く違うものになっていたのは間違いない。

c0170212_15535295.jpg

エルの家の近くの商店街。
ハンバーガーや揚げ物の屋台、セブンイレブン、両替屋、色んな店があった。
c0170212_15571636.jpg

ロティチャナイというマレーシアの良く知られた朝食の店だ。到着して次の日の朝にさっそく連れてってもらった。 この後ロティチャナイはいろんな所で何度も食べたが、毎回おいしかった。


c0170212_1511417.jpg

ペトロナスツインタワー

c0170212_1512794.jpg

ツインタワー近くの大きな水族館。入場料が少し高かったけど十分楽しめた。

c0170212_1558295.jpg

エルのお兄さんのItzhar。イザー。 妹に手を出すんじゃねーぞって立場かもしれなかったのに、最高に親切で、スニーカーマニアな、エリートエンジニアだ。自分の今の暮らしが不安定で地に足がついてないのもあるが、彼が同い年ということと、おおらかな人間性に自分が小さく感じた。とにかくこの旅でイザーと知り会えたことも大きかった。 この山盛りの焼き鳥みたいのがサテー。 トリのいろいろな部位を炭火で焼いたものだ。でも付けるソースはピーナッツクリーム。そしてキュウリを一緒にたべる。


c0170212_16343036.jpg

バイクはこの国では重要でメジャーな交通手段。
c0170212_16354169.jpg

これも良く食べた。大好きだった。とくに手で食べれるとこが。
ナシチャンポーまたはナシチャンプーっていう。 ナシはご飯。チャンプーは混ぜるという意味。自分でバイキングみたいにたくさんあるカレーや炒め物を自分の皿に盛っていき、あとで店の人が皿をみて値段を教えてくれる。 これを右手で具とご飯を混ぜながら食べる。 手で食べる必要もないんだけど、こっちの方がやっぱり楽しいと思う。

c0170212_16425773.jpg

c0170212_16431486.jpg

c0170212_16433630.jpg

c0170212_16441392.jpg

KL(クアラルンプール)の市街を散策。気温は30℃。

c0170212_16485496.jpg

チャイナタウンの路地 町中の看板なんかは中国語、英語、アラビア語、マレーシア語が入り乱れてる。
c0170212_16491779.jpg

偽物、コピーブランドで有名なパタリンストリート。5メートルおきに客引きに声をかけられる。とくに日本人だとわかるとなおさらだ。
c0170212_16493997.jpg

町の一画。

c0170212_16561324.jpg

エルの家のリビングルーム。太陽からの自然光がさしこむとすごい綺麗だった。
家具や家の造りはアラビアンテイストがある。もちろんイスラム教文化はマレーシアでは強く感じる。
c0170212_16563297.jpg

イザーの散髪。同伴させてもらった。 5分くらいで終わったと思う。

続きはマイクとアナの結婚式へ。
[PR]
by hoop29 | 2009-02-08 15:55 | MALAYSIA

ここからは、今回の旅行のビッグイベントでもあるマイクとアナの結婚式の話だ。
アナとエルと自分は2002年の留学生オリエンテーションで知り合ってからの友達だ。アナがマイクと付き合ってからマイクとも仲良くなり、ロードトリップに行ったりフラタニティーのパーティーにもさそってもらったりしていた。大学の最後の半年、マイクとアナと、さらにリチャードと彼の当時の彼女アキミを含めた計5人のルームメイトだった。
アナはマレーシア生まれマレーシア育ちのモスリム。マイクはフィリピン生まれアメリカ育ちのクリスチャン。 今回こうして、宗教、文化、距離の違いを乗り越えてきた彼らの幸せを記念する大事な舞台に立ちあえることは光栄であったし、心から嬉しかった。

結婚式はアナの実家の町タンピンで一度行われたあと、さらにもう一度バンギという場所で式があった。
自分とエルはマイクの家族達と行動を一緒にしていて、式の前の数日はみんなで式で配られるお土産等の包装をワイワイやっておいしいもの食べまくってプールで泳いで楽しい日々だった。

c0170212_17322823.jpg

翌日の式のためのヘナアートをしてもらっているアナ。

この後ブライズメイドもみんなヘナアートで結婚式モードに。
c0170212_17335418.jpg

このクリームみたいなインクを数時間後に落とすと、塗った箇所にタトゥーの様に茶色い模様が残るしくみ。だんだん薄れていくが2〜3週間残せるみたいだ。
c0170212_17341283.jpg

式直前の花嫁。

c0170212_17373983.jpg

2人ともわらってたけど緊張した面持ちだ。
c0170212_1304659.jpg

式場へ入場する新郎新婦。

c0170212_124046.jpg

マレーシアの結婚式の重要な儀式だ。聖水と清めの葉っぱのようなものを新郎新婦の手にかける。これをさせてもらう事はとても光栄なことだ。

c0170212_125428.jpg

ドレスはイザーのをかしてもらった。肌触りも通気性もあってとても着心地がいい。

c0170212_1305970.jpg

儀式も終わり、くつろいでるところ。

c0170212_17571142.jpg

まず、一回目の式が終わりみんなもリラックスして別荘に帰ってきた。というわけでみんなでおふざけタイム。
Sorry Peter if u ever get to see this pic here but I couldn't help it!

c0170212_174243.jpg

男達もアナにヘナアートをしてもらう。何を書くかみんなで考えた結果、アラビア語でそれぞれの名前を書く事に。アラビア語発音のシステムが英語とは違うらしい。
右から左に書くのも不思議だった。
c0170212_17461168.jpg



ここからはバンギでの結婚式。4つ星ホテルで行われた。
c0170212_1734532.jpg


BANGI(バンギ)のウェディングセレモニー、入場直前のみんな。

c0170212_17462995.jpg

ブライズメイドと後ろは左からクリス、ブライアン、マーク、ケンジ、ルーカス、ピーター。マークはマイクの弟、ルーカスは幼なじみ、クリス、ブライアン、ピーターは従兄弟。ケンジは自分のこと。ながれでカタカナにしてみただけ。

c0170212_1804443.jpg

They can't even take their eyes off of each other!

c0170212_186266.jpg

幸せに!
[PR]
by hoop29 | 2009-02-07 10:27 | MALAYSIA

マレーシア 後半 

c0170212_1921798.jpg

12月31日からDungunかmerchangというエリアにエルの友達12人くらいで車3台を
だして旅行にでた。仲間の一人が海岸に別荘をもっていてそこで3、4日、皆であそびほうけようという計画だ。
そして1月1日はエルの誕生日だ happy birth day EL!

c0170212_19213287.jpg

c0170212_19221987.jpg

別荘から一分あるくと海岸線にでる。リゾート地ではないから無人だ。
モンスーンシーズンで海は荒れているので海水浴はできない。

c0170212_19223348.jpg

c0170212_1923252.jpg

これは別荘のなかから庭をみたところ。向こうに見える低い壁があり、そのすぐ向こうが海岸だ。
c0170212_19235065.jpg

みんなで朝食。20分くらい車を走らせて買い出しにいく。

昼間はビーチであそんだ。みんな子供みたいに波打ち際で砂まみれになった。
c0170212_19262613.jpg



夜はバーベキューだ。
c0170212_1924122.jpg

c0170212_19243154.jpg

別荘にはゲストハウスがいくつかあり、3、4人ぐらいに別れて寝た。
c0170212_19245318.jpg

c0170212_19251577.jpg

3日目の夜はバーベキューの食料がなくなったので外食。

ここの料理は本当に美味かったし、本当にやすい!
c0170212_19261321.jpg

夜は、ドリンキングゲーム。 笑い声はみんながねむくなるまで絶えない。
c0170212_19253564.jpg

なんの義務も心配も時間も関わりをもたない楽しい時間。







1月7日から日本を出る前から行こうと思っていたランカウイ島へ。
長距離バスで6時間、フェリーで一時間、そしてタクシーで20分。 ようやく辿り着いた。

マリベストのコテージで。20秒あるくと目の前にPantai Cehangビーチが広がる。
スタンダードで一泊120リンギット。 別の安い場所も見に行ったがこっちのほうがずっと良かった。もうちょっと払えばいい所は見つかりそうだ。目をつけてた場所は数日前からブックされてた。


チャンプーチャンプーというレストラン&バー
エルと通りをあるていて、店の雰囲気のよさに惹かれてはいった所。
最高の店だった。
c0170212_19335125.jpg

店の中は緑がおおく、いろんな国の国旗が天井をうめつくし、客も外人が多く、まさにチャンプー(ごちゃまぜ)な世界だ。
c0170212_1940409.jpg



2日目、朝食をRed Tomate Garden Cafeで。 ここのトマトスープはMust try!!!
午後はアイランドホッピング。 10人くらいのグループで猛スピードのボートにのりこみ海を渡り、近くの島々をまわる。
c0170212_19411259.jpg

自然がおおく残ってる場所がおおく神秘的だ。水もいっそうすきとおっている。
c0170212_19413157.jpg




マリベストを出るところ。
c0170212_19422692.jpg

ランカウイの内陸はのどかな田園がつづく。
名所のケーブルカーは強風のためお休み。そのかわりにマスリという女性のランカウイの有名な伝説の舞台となった場所へ行った。
c0170212_1943175.jpg

c0170212_19431848.jpg

c0170212_19433753.jpg



プルリスの港町でバスを待つ間、ここで時間をつぶす。エルは絵はがきを書いた。
c0170212_19445737.jpg



c0170212_19452472.jpg

ようやく長いバスライドから開放される。冷房で体が冷えきってしまった。


c0170212_1946812.jpg

夜のチャイナタウンとプタリンストリートをエル、イザー、イザーの奥さんのアズリンと4人でいろんなものを買い食いしながら散歩。
c0170212_19463716.jpg

c0170212_1947052.jpg

出発前、最後の晩餐。。
マレーシアの地方の料理だ。どれもおいしかった。

c0170212_19472582.jpg

空港に見送ってくれたエルとイザー。 また必ず会う事を約束した。
I love you guyz!!!
[PR]
by hoop29 | 2009-02-06 19:04 | MALAYSIA