<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月28日

あっという間に一カ月が過ぎました。
といってもその間に隊員以外にもたくさんの人と逢い、いろんな食べ物を食べ、いろんな飲み物を飲みはらも下し、いろんな場所を歩き、家探しもし、まだ活動も始まってさえいないけど、エチオピアでの初めの一カ月としては充実した30日でした。

エチオピアはスポーツ隊員が多いのでセミナーを見学する機会がありました。この国でのスポーツに対しての意識やレベルの問題もありますが、スポーツをできる環境の無さに現状の難しさを感じました。
スポーツというものに大きく影響を受け育ってきた一人として、ここの環境はスポーツを心からしたいと思う人にとって、とてももどかしい状況だということがわかるし、でもなんとかなる環境でもない。そして、だからこれだけスポーツ隊員がいるのかと実感しました。
c0170212_211447100.jpg


エチオピアは最貧国のひとつでありますが、輸入車が走り10階以上のビルがいくつも建つ首都アディスを見ただけではまだどれだけの貧困があるのか見えません。エチオピアは国土が日本の3倍あり、多民族国家で言語も民族、地域によってちがいます。隊員の多くはエチオピア国内旅行をたくさんしているので、早くアディスの外を見たいです。(始めの3ヶ月間はアディスから出れません。)
c0170212_21163365.jpg


ここでの自分の活動または仕事に関してですが、日本を出る前に友人に「エチオピアに行ってくる。」というと「井戸掘ったり橋をかけたりするの?」と何度か聞かれました。
エチオピアにはもちろんその分野の専門家も派遣されていますが、自分はエチオピア観光通商公社という政府に所属する陶芸、建築、木工、クラフト等など様々な製造業を行う従業員数百人の大きな会社で活動します。この組織の中で自分の出来ることを探し、製品の開発、店舗の改善、所属デザイナー(職人や建築家)と協力しあい技術の向上を図る、といったことが今わかっている事です。
職場の人とは英語で話します。しかしエチオピアではしっかりした英語を話せるのは大学を出ているひとか、子供のころから英語を話す環境で育った人だけで、工芸品の職人達は英語があまり使えないようです。
この組織には過去にすでに数名の協力隊が各部署に配属され実績を残しているので協力隊の事情をある程度理解しているみたいです。 とにかく何をするか出来るかは自分次第のようです。

生活ではアムハラ語がメインとなり英語も数字や簡単な内容であれば首都なので通じますが、それ以上の会話はアムハラ語が必要です。また地方にいくと全く英語は通じないので、職場ではそれほどつかわないにしろアムハラ語は使えればずっと生活やエチオピア人との付き合いが楽しくなりそうなので勉強をつづけたいです。
c0170212_21202094.jpg

[PR]
by hoop29 | 2009-10-28 21:21 | ETHIOPIA

10月8日

10月8日

ようやく一週間ちょっとたち、生活にリズムみたいなものができ、アディスの空気にも慣れてきたような気がする。 先週からアムハラ語の研修も始まり買い物の仕方や、ものの数え方、日常でつかう挨拶等を覚え始め楽しくなってきた。
乗合バスに乗ったり、夜は寮の近くを隊員達とぶらぶら歩いたり、習いたての挨拶で店の人や警備に人としゃべりながらアディスを楽しんでる。 こっちにきて大きな問題は体育館がなく、ひろびろと運動できる場所も今はないし、道は排気ガスとホコリでジョギングできる状態じゃないので運動不足でむらむらはしてないけど、なんかすっきりしない。
ビールはおいしいし安いので夜の外食でビール必須。注文すると70~100円。店で買えば50~70円。でもあまり現地料理以外の食べ物やお菓子は安くない(でも昼一食200円、夜は300~600円)ので、半分は同期の隊員と自炊。
c0170212_2104959.jpg


c0170212_2112052.jpg


まだ簡単なパスタやパンとかばっかりだけど、失敗作も成功作もありまだ楽しめる余裕があるからいいのかな。
アムハラ語の読み書きは学ばない。会話に重点をおいて勉強している。アムハラ語は独自の文字をもっているが、ローマ字を駆使して先生が教えてくれてる。日本語にない発音がいくつかあり、文法は日本語に近いけどまるっきり同じではない。また動詞や言葉が話す相手の性別、複数か単数によって語尾がかわり、そこが一番ややこしいところ。
アディスはとにかく車が多いうえに整備不良で黒いガスをがんがん排出し放題、さらに舞い上がる砂ぼこりやチリが目に入るところ。でも道をあるいていても、なにか言ってくる人や物乞いはいても人に付きまとわれることはなく、夜も危険は感じません。アムハラ語でしゃべりかければいろいろと親切に返してくれるフレンドリーな場所だ。 
写真はJICA事務所からとった写真。
c0170212_2111327.jpg


同期の隊員、あんちゃん、くま、けいことは寮では同じ釜の飯を食べNTC(二本松訓練所)の話やいろんないい話、くだらない話をして仲良くしてる。
この間の日曜日に協力隊企画JICA主催の第一回ジャパンフェスティバルが行われ、これにあたりエチオピア中の隊員が相当数集まり、来場者も数百人となり大盛況のなか幕をとじた。準備のため寮にはいろいろな隊員が出入りし、多くの人と顔を合わせることができた。とにかくみんなのこのフェスティバルに込めていた熱意はすごいものだった。
同じ配属先の前任者の方とも活動や生活について話す機会がもてたこともよかった。

カフェでマキャート(マキアート)をすすってる自分です。 超うまい。
c0170212_21174491.jpg


寮では男三人でこの部屋を共有。
ベッドやクローゼットはぼろぼろだけど、なかなか快適。 どこからかホコリや砂ぼこりが入り込みいつもほこりっぽい感じがある。
c0170212_21121165.jpg


各国に散らばった仲間たちからのメールやブログでの報告には本当に励まされてる。
みんなの元気な写真や言葉は、とてつもなく大きなモチベーションとなり励まされる。


アディスのお土産やで見つけたqonjo set(きれいな子)
と、野郎隊員ら。
c0170212_21214763.jpg

[PR]
by hoop29 | 2009-10-08 21:02 | ETHIOPIA

Ethiopia

Here I am.
Breathing this dry and dusty air of Addis Ababa.

It's been a week since I left Japan. It's hard to explain what it is like to live in a place that's 10000 km away from home. But it doesn't feel like I've been here only for one week. It feels longer than that.

I came here with 5 other members or volunteers whom I've known since NTC training days.
We will spend our first 6 wks together to learn Amharic language which is the official business language in Ethiopia. I did not get to learn Amharic at NTC so it's totally new language for me.

Ethiopian food is not widely known. In fact, as far as I know, the only Ethiopian traditional food is what they call "injela" (spell?) which is like crape but it's sour. People who try this food for the first time can't normally take the sourness of it. But it is said that the more you have it, the more you love it. I've already tried it twice. It was OK.

I haven't taken much photos. I will put them up soon.

So far, I've never had problem walking on the street in Addis Ababa. There are restaurants, cafe and grocery stores everywhere.
The people here are friendly. I can't wait to learn more Amharic language to talk to them.
I am currently staying at a dormitory with other volunteers that I came here with. We all will have to move out of here in November and we must find own place individually.

There are about 40 volunteers who'd been working in all over Ethiopia and they are helping us out to settle down.

well, that's all for now.
Hopefully I will be able to show and tell more stuff.

chao

kenji
[PR]
by hoop29 | 2009-10-05 19:34 | ETHIOPIA