<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Life goes on

この間、協力隊20年度2次隊が帰国した。
そして自分、21年度2次隊がエチオピアに来てから丸一年が経つ。
さらに、あと数日で22年度2次隊が日本から到着する。

時間の感覚がよくわからなくなる。歳をとるにつれて、だんだん早くなってる気はしているけど、それでも遅い時、早い時がある。帰る隊員はみんな最後の1年はあっというまって言ってる。同じ時計の元に人生は進むのに、時間の流れってのは不思議なものだ。
持論だけど、ある環境に慣れれば早くなるし、環境が変われば体と頭がいろいろな情報を処理するために遅くなるから、たくさん環境を変え続ければ人生は長くなるんじゃないかって勝ってに解釈してる。

2年間こういう所に住んだ後、皆がどう考えるのか知りたくて帰っていく隊員達の今後の事をいろいろ聞くことがある。残りあと一年となった今、「帰国してからどうする?」って声が、だんだん大きく重く付きまとう。 でも国際協力に首を突っ込んだ時から考えている自分の身の振り方は今もあまり変わってない。国際協力、開発、援助、平和構築、そういった言葉をこれからも使い続けてたい。 
で、このフィールドで生きていくのに何が今の自分に必要か、このフィールドで何がしたいかって自分に聞いた時に、まず学校に戻り修士をとり専門性を身につけることだと考えてる。時間、年齢、費用、場所、目的を考慮するとイギリスだなーというのも最近はっきり見えてきた。何を勉強するかは一つ決まってるけど、まだそれに決め込みたくない。

仕事、金、年齢、結婚、家族、日本、アフリカ、世界中どこにいても不安や葛藤が付きまとうものだんだなーって思う。でもそれらの要素を期待に変えていけそうだからやっていけると感じてる。
数年後の自分がこの文章見て、どんな風に見てるのか知りたいところだけど, for now I just need to do what i think the right thing to do and see how it turns out.

Friends of mine, not one but two got married recently. First I found about one of them on Facebook. Then a few days later, I found out about the other one, and I was like "You too!?"
I wouldn't say I'm old but not young neither. Since I've come quite far in terms of places and my status being single and, I am actually getting curious about how far I could go.

Only a week to go for "Japan Festival 2010 in Ethiopia". My fellow volunteers and I have been working on this festival for almost a half year. I am done with my design-related assignments but I've still got to shoot some shots and edit them for making a short movie of the Japanese volunteers. It's by far the biggest events I ever got involved in, and I can't wait to celebrate with my buddies in the end of the day of the festival.

I will be putting up photos of the festival in the next one so please check it out!
[PR]
by hoop29 | 2010-09-26 02:19